ペンダントのみずたま製薬所
Ro Tyr鯖在住のおばあちゃん廃プリの、製薬&ケミ日記、プリ考察&GVG考察&狩り考察&その他色々考察と、お買い物にギャンブル・・雑食色々すぎなブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


回復薬考察
すっごぉぉぉく力を入れた、DEFと完全回避考察・・・を書く予定でしたが



書きかけ2回も消してしまったぁぁぁぁぁぁぁ!!


orz



と言うわけで、ちょっと手ごろな考察をw

HP回復薬とSP回復薬考察です
回復薬考察

1:回復薬公式

回復・消費アイテムWikiより抜粋


HP実回復量 = 基本回復量 × (1 + VIT/50 + HPR/10) × (1 + LP/20 + 名声 + C効果)
SP実回復量 = 基本回復量 × (1 + INT/50 + SPR/10) × (1 + LP/20 + 名声)
 HPR:剣士スキル HP回復力向上Lv
 SPR:マジ・プリスキル SP回復力向上Lv
 LP:ケミスキル ラーニングポーションLv
 名声:名声POT効果(0.5)
 C効果:「~を食べた時のHP回復量50%増加」カードの効果(0.5 × 装備枚数)



なぁんかややこしいことが書いてありますね(笑)


まあ、簡単に言えば

HP回復=基本回復量×(1+VIT×2倍%)です

VIT50だと基本回復2倍
VIT100だと3倍になります

で(剣士スキル)HPR10を持っているとHP回復+100%になるのですね~

ですので、HPRは地味ですが初心者は最初に取れ!といわれるのです。

ケミスキルLP(ラーニングポーション)を10取ると回復量が50%上がります。

HPRは+100%・・・つまりVIT1だと202% VIT100だと400%と加算ですが、LPは掛け算なのでVITが高いほど有利になります。

VIT1だと152% VIT50だと300% VIT100だと450%!と言った感じ

まあ、高VITの場合LPが逆転しますが、ケミでそこまでVIT極の人は少ないですし、たいていの場合HPRの方がアイテム回復量に関しては優秀な場合が多い・・・ですね


そのどちらも無い職業は100%+VIT2倍%と考えてオッケーです。



SP回復=基本回復量×(1+INT×2倍%)です

まあ、VITがINTになっただけですね~

INT100だと300% INT120だと340%~と言った具合です。

これにSPRのレベル×10%を加えた値が回復量になります。

SPR5レベルINT80の場合は310%・・・といった感じですね


この公式の中にメディタティオが入っていません!

つまり・・・INT低めに抑えてメディタで補う廃プリは、実はSP回復薬はあまり向かないのです。


ちなみにLPはSP回復薬にも有効だったりします。

あまりSP消費が多い職業ではありませんし、自力回復は青PPも使えますが、実は回復アイテムの効率では(アシデモステである)INT極クリエのアイテムによるSP回復はプリやWIZをはるかに上回るものである・・・ことはあまり知られていません(笑)


滅多に使う機会がないだけですけどね



2:効率のいい回復薬


1ではややこしい(?)回復公式を書きましたが、ここからは単純明快!

どんな回復アイテムがお得か~ですw


いい回復アイテムを見極めるポイントは3種類と言われています

 1:回復量効率
 2:重量効率
 3:価格効率


です。


1の回復量については、その言葉どおりHPが1度にいっぱい回復するアイテムです。

主に大ダメージを受けやすく、短い時間で大量の回復が必要な対人や、プリーストなどがいて普段はスキル回復ですが、それが追いつかない緊急時などに使うアイテムは回復量重視になります。

一般的に、白ポーション・ランカー白ポーション・マステラの実など、SPでは青ポーションなどが使われるようです。


2の重量効率は、その重量に対してどのくらい回復量があるか・・・が求められるアイテムです。

瞬間的な回復量は問わず、長時間狩場に篭る時などや、荷物に制限が大きい職は重量効率中心のアイテム選択になります。

一般的にアイスクリーム・ミルク・おいしい魚などが使われているようです。またSP回復の重量効率で一般的なものはレモンとされていますが、実はそれほど優秀ではありません。おもちの重量効率が悪いため、レモンが一般的なだけであり、実は重量効率ではランカー青にも劣ります。


3の価格効率は、1zあたり何点HPが回復できるか!というようなものです(笑)
安くて回復点数の多いアイテムがここに分類されます。

まあ、要するに貧乏な人や節約したい人ははここを重視してアイテムを選ぶと良いでしょう。

ここに分類されるものは肉・化け物のエサ、SP回復ではおもちなどです。


3:一般的によく使われる回復アイテム評価

一般的とされている回復アイテムに評価をつけていきます。

回復効率・重量効率・価格効率と総合評価を1~5の点数を独断と偏見でつけたいと思います。



 ☆☆安価なHP回復薬☆☆(100z以下)

安価な回復薬は重量効率が悪いものが多く、価格効率に優れるものが多い。回復効率は安価なだけあり総じて低い


カボチャ

 回復効率:1
 重量効率:3+
 価格効率:3+
 総合評価:1

コメント:回復量が低すぎるのが致命的、価格効率に特別優れているともいえない


ミルク

 回復効率:1+
 重量効率:4
 価格効率:4
 総合評価:2+

コメント:AGI全盛期の時代、回復アイテム=ミルクと言われる時代もあったほど、安価で総合力に優れた回復アイテム・・・ではあるが
やはり回復量が低すぎることが問題。装備なしからはじめる場合は相変わらず優秀なアイテムではあるが・・・もはや誰もが使うアイテムではなくなった


にく

 回復効率:3+(5)
 重量効率:1(3+)
 価格効率:5(5+)
 総合評価:5

コメント:括弧内はスプリングラビットcをつけた場合の評価
元々価格効率がよく、安価な割りに回復量が多い優秀なアイテムであったが、スプリングラビットをつけると価格効率だけでなく重量効率においてもミルクを逆転する程のアイテムになる。


化け物のエサ

 回復効率:4(5)
 重量効率:1(3+)
 価格効率:4+(5)
 総合評価:4

コメント:回復量がほんの少し上がった分値段の高いにく
しかし、回復増加量が微々たる差であること、にくや化けエサを選択する時点でお金をかけたくない人向け・・・という点からにくの評価を下回る。
しかしながら、スプリングラビットを使うと最高レベルの回復薬といえる


赤ポーション

 回復効率:2+
 重量効率:2+
 価格効率:3
 総合評価:2

コメント:値段がにくと同じで、重量を主観に置いたもの・・・ではあるが
実は全然軽くない(苦笑)
ポーションピッチャーするケミ以外で使う必要はないだろう。



アイス

 回復効率:4+
 重量効率:4
 価格効率:3
 総合評価:3

コメント:にくや化けエサと並び安価で優秀な回復アイテム
紅POT(魚)と同じ回復量で100z、しかも重量も紅POTより安いと・・・とても優秀ではあるが、大量購入がとても面倒なこと、凍結のデメリットなどから総合評価は低め



 ☆☆一般的な価格のHP回復薬☆☆(1000z以下)

この価格帯は重量が重い分回復量が一気に増加し、安価なものに比べ重量効率が大きく優れている。
その反面、ソロで使うには高い品が多く、価格効率は悪い。


紅ポーション

 回復効率:3
 重量効率:2+
 価格効率:3
 総合評価:2

コメント:アイスよりちょっと高くておいしい魚よりちょっと安い中途半端な回復アイテム。重すぎだが、それでも実はミルクより重量効率がいい。安価なアイテムは重量効率が全体的に悪いためと、魚が軽すぎるため
PPするにしても微妙・・・

おいしい魚

 回復効率:3
 重量効率:5+
 価格効率:2+
 総合評価:5

コメント:回復アイテム界の勢力図を大きく塗り替えてしまったアイテム
紅POTより50z高いだけで、回復量同じにもかかわらず重量10→2
価格効率はいいとは言えないが、これより高価なアイテムは全て価格効率がこれより悪いため、実質評価は4くらいと言える。
中価格帯で、現状ダントツのパフォーマンスと言える


黄ポーション

 回復効率:4
 重量効率:3
 価格効率:2(4+)
 総合評価:2+

コメント:中間管理職の目立たないポーション
価格効率は低いが、黄ハーブを安価で手に入れた場合は製薬することで価格効率が一気に上がる。
ただし、トワイライトファーマシーが出来ないため製薬がとても面倒なのが難点。
半製薬・純製薬ケミの味方!?


白ポーション

 回復効率:5
 重量効率:4
 価格効率:1
 総合評価:4

コメント:高級回復薬の代表にして、対人での最安回復薬。
重いのだが、他の中級回復アイテムと比較して、回復量がずば抜けているため重量効率は実はとても良い。
しかし、これをソロ狩りの通常回復薬にするとかなりの散財狩りになる。
ハーブから製薬することも出来るが、白ハーブはそれほど安くないため、さほど安くはならない。それでもDCで買うよりはずっと安価であるが・・・



 ☆☆高級HP回復薬☆☆(1000z以上)

ボスや対人、超上級狩場や特殊な状況、金銭無視の場合に使われる回復アイテム。
価格効率は当然良くないが、重量に特化していたり回復量に特化していたりと、特徴があるアイテムが多く、選択肢も多い

ランカー白ポーション

 回復効率:5
 重量効率:2+
 価格効率:4+
 実売価格:700(原価)~1200~1600(実売)
 総合評価:4

コメント:高級回復アイテムの中では安価にして最高の回復効率を出すことから人気のアイテム
最近はランカー白スリムより安価であることから人気が上がった


ヒナレの葉

 回復効率:1
 重量効率:5++
 価格効率:4+
 実売価格:700(BOT大量発生時)~1000~2000
 総合評価:2

コメント:重量1の黄POTという、魚の3倍以上の重量効率をたたき出す脅威のアイテム。
値段も比較的安いのもポイント
しかし、ここまで重量に特化しても使うことは少なく、対人などでは回復量で劣るため微妙に使いづらい。


アロエの葉

 回復効率:3
 重量効率:5++
 価格効率:4
 実売価格:1000(BOT大量発生時)~1500~2500
 総合評価:3+

コメント:重量2の白POT
ヒナレの葉に負けない脅威の重量効率に加え、安価で販売されている場合は白POTとほとんど値段が変わらないと言うおかしな一品
ペンダントさん愛用品(笑)
GVGで使うにはやや回復量が不足することと、入手の難しさが問題
これが安定供給で1100zくらいだったら文句無く総合評価5なのですが・・・


ランカースリム白ポーション

 回復効率:5
 重量効率:5
 価格効率:3
 実売価格:2500~4000
 総合評価:5

コメント:最高の回復値と、魚の1.5倍近い驚異的な重量効率で、現在の対人での使用率が一番高い回復アイテム
最近はランカーケミの安定化から原料の魔女砂が安くなり、相場が全体的に下がってきているのもポイント
GV時にこれを食べ過ぎると経費がとんでもないことになる・・・こともある


ローヤルゼリー

 回復効率:3
 重量効率:2
 価格効率:?
 実売価格4000(BOT大量発生時)~5500~7000
 総合評価:4

コメント:通常白ポーション+通常青ポーション+万能薬
HP回復薬としては微妙だが、ボス狩りなどでこれを連打する場合もあるためHP回復薬にも分類
価格はSP回復に準ずるためここでは言及しないが、HP回復効率も十分で万能薬が重量10であることを考えても、職によっては対人で万能薬の代わりに使うこともあるだろう。


マステラの実

 回復効率:4
 重量効率:5+
 価格効率:1
 実売価格:6460
 総合評価:2

コメント:ランカースリムが実装するまでのGVG花形回復アイテム
今でも回復効率と重量効率に優れているが、NPC売りが実装し、しかもその値段がとても高かったために使われなくなった。

ランカー白スリムとアロエの葉を足して2で割ったようなアイテムでとても優秀だが、これで対人をすると経費がとんでもない金額になるため、現在マステラの実で経費を求めることは滅多にない(ペンダント所属のギルド、Albatrossでは使用禁止)


イグドラシルの種・神仙丹

 回復効率:5+?
 重量効率:4+~5
 価格効率:2
 実売価格:15000(BOT大量発生時期)~18000~25000
 総合評価:4?

コメント:HP回復としてのイグ種の効果です。
神仙丹と効果(重量30)も全く一緒のため同一アイテムとして扱います。

HP最大値の半分回復と言うことで、当たり前ですが最大HPが高いほど効果が出ます。

では他のアイテムでHP半分とはどの程度か・・・を考えると

例)VIT100・90代後半廃プリHP11000

 ・白POT回復平均1092=5.5個(重量82.5 5016z)
 ・アロエの葉回復平均1092=5.5個(重量11 約10000z)
 ・ランカ白スリム回復平均1638=3.5個(重量17.5 約10000z)

例2)VIT100・HPR10・90代後半LKHP23000

 ・白POT回復平均1456=8個(重量120 7296z)
 ・アロエの葉回復平均=1456=8個(重量16 約14000z)
 ・ランカ白スリム回復平均2184=5.5個(重量27.5 約16000z)

以上の結果から通常「HP回復目的」では、イグ種は他の回復アイテムに劣る・・・という結果になりました
しかしながら・・・タオcを着けていたり、HPRを低くしたAGI騎士とかだとランカー白を全性能で上回る可能性があります

・・・もっともイグ種はSP回復目的で使用する機会のほうが多いのですがw


イグドラシルの実

 回復効率:5++
 重量効率:5
 価格効率:1
 実売価格:35000(BOT大量発生時期)~45000~70000
 総合評価:3+

コメント:HP回復アイテムとしてのイグ実の評価です。

イグ種の倍よりもやや高く、重量は同じ30であることから、重量効率2倍のアイテム・・・と考えても良いのですが、実際はHP0から満タンになるわけではなく、回復のロスが必ず発生するためイグ種より割高感のあるアイテムと言えます。

SP回復アイテムとして使ったほうがいいでしょう



次回予告:HP回復アイテムで一般的でないものと、その評価・SP回復アイテムです
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ペンダントのみずたま製薬所. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。