FC2ブログ
ペンダントのみずたま製薬所
Ro Tyr鯖在住のおばあちゃん廃プリの、製薬&ケミ日記、プリ考察&GVG考察&狩り考察&その他色々考察と、お買い物にギャンブル・・雑食色々すぎなブログ
修道院3Fペア狩り考察
友人の某お方(名前出す許可もらってなかったや・・・GMは名前出してるけど)と名無し実装直後から練習している、名無し修道院3Fペアが大分完成してきました。

二人で行けば時々しか死ななくなりましたし、初対面の人とでも(もちろん相手の腕が必要ですが)ちゃんと形になるようになりました。


でもね


3Fペアは見た目よりずっとマゾいです(笑)


ええ

先に言っておきますが・・・

修道院3はペア狩場ではありません(笑)

これは、あくまでペアで頑張る!狩り方だということを先に明記します。



オーラになってしまったペンダントさんはこういう遊びかたが大好きなのでやっていますが・・・

万人向けではありません、ご了承ください

今回の考察は、数字だけでは分かりづらいところを中心に解説していく予定です。

一応対象者は名無し3F狩りを経験している人・・・ですので「視界が悪い」とか「入るのにクエが必要」とか、超基礎部分はすっ飛ばしますw


1:PT構成

PT構成も何も・・・ペアですけどね(笑)

一応サンプルは

ペンダントさん

HiPri 99/69
D>V>I VITアコセ込みで100

SW9・アスム5・ヒール2318

不死盾無し

なので、アコセ+Vベリット+V肩+ヨヨとフェン持ちかえ



WIZさん

HiWiz 96/?
2極カンスト

FWなしSG・MS・JT・SWなど

料理使用・INT140Dサイン 過剰SoP所持

V不死盾あり



・・・かなり装備もそろってるサンプルですし、もっと低レベルでも行けなくはないと思いますが・・・
まあ、安定して狩れるラインの目安と考えるといいかもしれません。



2:狩り方

狩り方といっても・・・ペアですし、そんなに変な狩り方はしません(笑)

プリが突っ込んで、耐えて、その間にSGです


とにかく耐久力が勝負です・・・

ノックバックとかないですし、プリのPスキル自体はタナペアやトールペアなどと比べると数段楽といえます。


ただし、数の暴力で来る狩場のため、立ち回りだけで回避できない事故死が極稀にあり、1ミスで死ぬこととかはしょっちゅうな狩りであることは変わりません。


3:装備

修道院で候補になる装備品です
主に鎧と盾の組み合わせですが

候補盾:不死盾 悪魔盾 アコセット プラチナシールド(?!) 中型盾(!!?)3/31加筆

候補鎧:毒鎧 闇鎧 アコセット 風鎧


一見、闇鎧・不死盾でオッケーじゃないの??と思う狩場ですが、実は階によってだいぶ色が違ったりします。


以下しばらく余談になりますが

名無し夜(フィールド)は、バンシーをはじめ、悪魔が多い狩場なので
闇鎧・悪魔盾 もしくはアコセでいいと思います

というか、複数の敵と戦うことは少ないので、どんな装備でも(即死とかしなければ)平気ではないでしょうか??(殲滅側は大変ですが)


1Fも・・・バランスよく(?)MOB配置されていて一長一短のため、上記のどれでもいいと思います

2Fはというと・・・
毒鎧・不死盾がベストです

闇を着る理由はバンシーが闇を着ないと痛いからであり、2Fはバンシーが出ない上、ゾンビ軍団は毒属性攻撃なのです

そんなわけで、毒鎧不死盾・・・無ければアコセがいいと思います



さて、本題の3F

ネクロいっぱい、バンシー時々、その他ちょぴっと・・・ですが

ネクロ:不死盾かアコセ・・・召還MOBのSBや毒属性もあり、ネクロ本体のTS/MSなどの上記以外の属性もあるため、3減がほしいところです。
しかしとっても痛い不死属性攻撃や不死属性付与も稀に来るため・・・闇鎧を着ないと危ない場面も時々現れます。

後衛は多人数だと風鎧を着ける人が多いですが、ペアは風鎧を着ける前に歩いて範囲外に出てください

バンシー:とにかく闇を着ないと痛いです。闇を着ればアスムありでも1.5kとか来る属性攻撃や、800~1k近いダメージのダークストライクを無効化できます・・・
なお悪魔なので不死盾だともっと痛くなります。

なお、かなり高価ですがプラチナシールドはネクロと取り巻きスローターを25%、バンシーを15%軽減できます
だから・・・最善はプラチナシールドでしょうか
反射のせいでGV用品ですから、普通は買える金額じゃないですねぇ(苦笑)


結論、最善はプリWIZともに闇鎧・不死盾orプラチナシールドor中型盾ですね


で、ペンダントさんは不死盾がありません(もちろんプラチナもありませんし、中型盾とかあるわけが;)


そうするとペアの場合は

アコセ闇鎧悪魔盾

どっちかの選択になります(こういう人多いはず)


どちらが良いか・・・と言うと

不死付与されてもアコセのほうがいいです!

理由はダメージソースの大部分が取り巻きスローターだからです


次項で詳しく説明します


4:対ネクロ


まずは3Fの主食ネクロさんのデータから

necromancer.gif


ネクロマンサー
Lv 88
種族:不死
属性 不死4
サイズ:中
HP 98,000
射程 1
ATK 3,500~4,000
MATK 919~1,634
Aspd 109.2
DEF 0+1
MDEF 40+190
要Hit 158
要Flee 329

取り巻き召喚(ゾンビスローター) 不死属性攻撃 吸血 不死属性付与 ダークストライク ドラゴンフィアー 致命的な傷 スローキャスト ストーンスキン ファイアーボール メテオストーム サンダーストーム クァグマイア リフレクトシールド テレポート

主に必要そうなとこだけ抜粋してみました


4.1:ネクロの召喚

ネクロは(未召喚時)プレイヤーを視認するとまず取り巻き(ゾンビスローター2匹)を召喚します。

実は名無し3Fで本当に怖いのはこの取り巻きスローターだったりします



ネクロはキャラクター視認した瞬間にはターゲットをとっていない場合があります。

視認=最初に視認したキャラをタゲ取り・・・ではなく

誰もネクロのターゲットを取り行動を起こさなかった場合は

視認→取り巻き召喚→召喚完了と同時に視認距離にある一番遠いキャラクターにタゲを取る!

のようです。


つまり


召喚中に誰もタゲを取らずに後衛が視認距離まで近づくと、後衛職がターゲットされることになります

なお、取り巻きの攻撃対象は、召喚完了時にネクロがターゲットを取っている相手になります・・・

ちなみにこの取り巻きはリカバリーでも対象変更不可(らしい)で、ダメージを与えても変更しないため、WIZにターゲットされるとかなりのピンチに陥ります!


よって、前衛(ペアの場合プリ)が最も先に取るべき行動は

ネクロにヒール砲!!

そして、後衛(WIZ)はネクロに視認されない距離(プリの4歩後ろくらいが目安)まで下がる!

この行動を常時取れるかどうか・・・プリが全てのタゲを持てるかどうか
これが3Fペアのカギになります。


4.2:ネクロの攻撃パターン

4.1で第一関門の召喚で、取り巻きタゲをプリが持つことができれば、後は耐えるだけです。

後方WIZがSGをして後耐え切ればオッケーか・・・と言われるとそんなことはありません。

次に必要なことは、ネクロ本体を接近状態(通常攻撃射程内)に近づけることが必要です

どういうことかと言うと・・・

ネクロは多くの遠距離スキルを持っていますが、停止してスキルを使用します。

つまり・・・こちらが近づかない限りは多くの場合
スローキャスト ストーンスキン ファイアーボール メテオストーム サンダーストーム クァグマイア リフレクトシールド ダークストライクなどなど

遠距離でも使えるスキルや補助スキルばかり使用して、こちらへ近づこうとはしません!

ボス属性で凍結もノックバックもしないため、SGをHP98kぴったりの威力で打っても、生き残ることが多い(まだ多くのHPが残っている)のは、ネクロが移動をせずSG範囲内に入ってこない場合があるからです。

そのため、前衛プリはネクロをこちらへ引き寄せる行動をしなければなりません。

・・・つまり、召喚時、ヒールを1発打つだけではなく、近づいてこなければさらにヒールをする必要があるのです

ネクロタゲ取り


ネクロはスキルディレイ(?)中は歩かないのですが、ダメージを与えると即座に移動接近します
多分詠唱反応はしないので、ヒールが一番手っ取り早いかなと思います


接近状態になったらさらに多くのスキルを使用します・・・が

実は接近状態のネクロはそれほど怖くありません!


データをもう一度見てください

Aspd 109.2

そう、ネクロ本体は実はASPDがとても遅いため目の前で攻撃をしてくると、次の攻撃(スキル)が来るまでにかなり時間が空くのですね

ハイWIZペアであれば、ほぼ間違えなく(サンプルのような装備やINTでなくても)SG2セットで倒せるため、それほど長い戦闘時間ではありません。

そのため、目の前までネクロ引き寄せられればほとんど勝ったも同然なのです!


力尽きたので以下次回(ぇ)
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


ものすごく高いですが、
盾に関してはアンチミディアムヴァルキリーシールドがベストではあるかも……普通のひとは買えないでしょうけど、、、;

ネクロは使用したのが敵味方関わらずQMの上に乗ってると追加でQMは使用しないので、先にネクロがいるのがわかっているときにはWIZがあらかじめQMを使っておくと影響を受けなくて多少楽になるかも……取り巻きが流れても対処しやすいです。
スラオシャ | URL | 2008/03/29/Sat 14:00 [EDIT]
アンチミディアムシールドは高いですよ・・・
買えないというか、V盾まで限定しちゃったらうちの鯖に存在しないかもしれないです(笑)

でもプラチナシールドを載せるなら候補にしてもいいですねw書き足しておこう
・・・きっと同じくらいプラチナも高いし;;

WIZQMは理論上はそうですが、現実的にはペアでは無理です。

QM打ってる時間があるなら、さっさとSG10で倒して欲しいですね・・・どっちにしろ避けないし

相手からプリに向かってQMを受けて困るのはSWですけど、QMを毎回入れることでSW回数が1回増えたら意味ないですしねw

INT140のSoPならば、1セットは(LAで)1ターンですし、2セットもプリの立ち回りをしっかりすれば1ターンか、1ターン+αで済むので・・・

さらに言ってしまえば、プリ停止を見て、プリ中心のTS/QMの範囲外の後方からネクロが見えないのにQMを打つのは、多分相当プレイヤーに負担がかかりますね・・・

多人数では有効だと思いますが、少人数だとQMはいらない(むしろ時間かかって逆に危ない)が私の持論です。

・・・AGI前衛壁だと話は違うでしょうけどね~w

あと・・・
QMを使うと取り巻きが流れたとき対応しやすいのは何故??

QMを使う=ネクロが取り巻き召喚時に前方に居やすくて(WIZが後方に下がって範囲外に出る時間がなくて)取り巻きにタゲられる確率が上がるし、流れたときはスローターそれなりに足早いから、WIZに辿り着くまでの時間はQMあってもほんの僅かしか変わらないと思うのですけど・・・

私が気づいてない点があったら指摘よろしくです
ペンダント | URL | 2008/03/30/Sun 01:15 [EDIT]
言葉足らずだったので追記

>QMを毎回入れることでSW回数が1回増えたら意味ないですしねw

まだ今回はそこまで記事が進んでませんが、ペアで1時間滞在するには青石をどれだけ節約できるかにかかっています。

ネクロ1セットでもSWを使っているようだと、1hで軽く200↑消費しますし、1セットはヒールのみ、2セットでもSW1回のみと制限かけても、私たちのペースだと1hに170前後消費しますから・・・

白スリムもMHが続くと1hに50とか使うので積載60、イグ実2(主にHP回復)青石175、レジポ風4火4・・・という積載なので、1秒でも戦闘時間を短くしないと物資が足りなくなっちゃうのです;;(青かスリムか、SP回復で実が・・・)

詳しくは次回話しますね
ペンダント | URL | 2008/03/30/Sun 01:20 [EDIT]
えーと、
QMに関してはMH前や沸きが予想される場合の先置きですね。
既に画面内にネクロが見えてる状況ではさすがにAMPSGでしょう。。。;
よくよく考えたらPCスペック(ビデオカード性能とモニタサイズ)と勘にそれなりに依存する狩りかたになりますね;

で、AGI前衛云々に関してはQMありでもなしでも要Flee328は回避不可能でふ;
対スローターは囲まれ低下でばんばんSBもらうのでやはりあまり期待できず。。。

そしてQM時のWIZ対応について。
取り巻きが召喚→タゲ確認で流れるのは、PCで言えば「1クリック移動」に当たる移動で攻撃範囲に入ってくるので、相手の移動中に微妙に数歩歩くだけでも意外に1撃は回避できるものです。
それがQMがあると多少やりやすくなるわけで……呪い鎧やSoC使用時のMEソロだともっと顕著に違いがわかるのですが、こればっかりは説明よりも実際に見ないと難しいのかな;
「ほんの僅かしか変わらない」ではなく、「ほんの僅かでも変わるのが重要」なわけでふ。
多分ぺんたんの戦い方は画面内ぎりぎりか、それ以上に先行して先制タゲ取り→WIZが追いついてきてSGという戦い方だと思われるので、それだと確かにQMは難しいかも。
この辺りはそのペアごとに戦い方が違うので仕方ないわけですが。。。

詠唱早くなるとやられる前にやれ的になってきて軽視するひとも多いですけど、手動回避技術向上はWIZペアでは「華麗に戦えるか否か」の基準にもなりうるので……ただ効率に繋がるとも言えないので自己満足と言われればそれまでですが、その手の技術に関しては甘党さんってハイWIZのひとのブログを見れば結構出てますよ~
支援側の立場でもWIZペア考察が出ているので何気にものすごく人気サイトです。
スラオシャ | URL | 2008/03/30/Sun 07:53 [EDIT]



TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ペンダントのみずたま製薬所. all rights reserved.